ネット通販でCDを購入する便利さ

昔はよくCDショップへ足を運び、欲しいCDを買っていたものですが、
結婚して子供もできるとなかなかお店に行く事も難しくなりました。
いや、お店に行く事はできるでしょうが、
横に子供がいると自分のペースでゆっくりと店内を見ていることは難しいのです。
ですので、どうしても欲しいCDがある時はネットで購入するようになりました。

時には特に欲しいCDがあるわけではなくても、“何か新しい曲を聴きたい”と思う事があります。
そんな時にも通販ページの視聴部分を聴いて、気になったものを購入してしまいます。

それはある意味ちょっとした賭けでもあります。

きちんと動画サイトで曲を確認してから購入すればいいのでしょうが、
そのまま購入ボタンをクリックしてしまうので、
CDが届いて曲を聴いてみると、イマイチだと感じる事がよくあるのです。

それでも最近購入したCDではまってしまったものがあります。

ドヴォルザークの交響詩全集で、中でも“水の精(水の魔物)”はとても気に入った曲で、
オーケストラのフルスコアを購入してしまうほどでした。

この時は“ドヴォルザークって、交響詩も作ってたの?”という疑問もあり、
彼の作品には、他の交響曲も聴きやすくてメロディーが綺麗なもが多いので買ってみようと思いました。

やっぱりCDショップへ足を運んでCD購入する方がいい、という友人もいますが、
お店では取り寄せないとなかなか置いていないCDも気軽に購入できるという事は、
主婦にとっては嬉しいものです。